牡蠣(カキ)

牡蠣(カキ)というと生産量では広島が有名ですが、日本各地においしい牡蠣(カキ)があります。例えば北海道厚岸(あっけし)町の牡蠣(カキ)は「カキえもん」というブランドの名前でも売られているようです。北海道厚岸町は、日本の最東端の根室半島納沙布岬から西へ車で1時間30分のところです。また釧路からだと東へ約50Kmのところです。寒いところの牡蠣(カキ)は美味しそうですね。

北海道の牡蠣(カキ)といえば特にサロマ湖と厚岸が有名です。また北海道寿都町には「寿(ことぶき)カキ」という名前の牡蠣(カキ)もあります。

ブランド名のある牡蠣(カキ)といえば、三重県の「的矢カキ」、広島県の3倍体のカキ「カキ小町」などといった牡蠣(カキ)も有名です。

ちなみに牡蠣(カキ)の生産量で見ていくと、ダントツトップの広島が全国の半分以上の生産を誇っています。次いで宮城のカキ、そして岡山のカキと続きます。北海道は量的には上位に来ていないものの、美味しいからでしょうか、北海道産の牡蠣(カキ)はよく耳にします。

牡蠣(カキ)はインターネット経由で販売されているものも多いですので、ネット販売を利用すると手軽においしい牡蠣(カキ)を食べることができます。

ところで牡蠣(カキ)といえば冬のイメージが強いですが、春から夏にかけて旬なイワガキも含めると年中食べることができます。

牡蠣(カキ)は「海のミルク」と異名をもちます。それほど栄養が豊富な食べ物なんだそうです。美味しいだけじゃなく、健康にもいい牡蠣(カキ)はもう食べるしかないですね。

牡蠣(カキ)は生で食べるのが一番美味しいと思いますが、カキフライもメジャーで美味しい料理の一つです。そのほかにもいろいろな牡蠣(カキ)料理があります。


魚介類

貝や魚などほかにも海の幸はいろいろ。

牡蠣だけじゃなく、いろいろな海の幸にもスポット的に目を向けていきます。

おいしい海の幸は、知らないとソンですね。

***** ***** ***** *****

気になる記事ピックアップ

はまぐりのお吸い物
潮汁は、素材のおいしさをそのまま活かします。 だし汁を使わず、おすましでいただきます。 素材は新鮮なものを選びます。 はまぐりの他、すずきやタイな.....

簡単レシピ:マグロとネギの煮込みなべ
≫≫作り方1.*煮汁の材料をなべに入れて煮立てます。2.1にマグロ、長ネギ、しいたけ、しめじ、豆腐を入れて煮ます。3.仕上がり.....

牡蠣(カキ)の食べ方
牡蠣(カキ)といえば、やはり生で食べるのが一番だと思います。しかし、生の牡蠣(カキ)は食あたりにも注意が必要ですね。一度あてら.....

牡蠣のコキール
チーズをたっぷりと使ったホワイトソースは、女性や子供に大人気です。男性でももちろん好きな人は好きですよ。 .....

赤貝
赤貝(アカガイ)はフネガイ目フネガイ科に属する二枚貝の一種です。アカガイは寿司ネタとしてもよく使われるおなじみの、刺身のおいしい貝です。 ア.....

アオヤギとわけぎのぬた
「アオヤギ」は、ばかがいのむき身です。 すしだねにも使われますね。 貝柱は「小柱」と呼ばれおいしいです。 からし酢みそで和えたぬたの簡単レシピをどうぞ。ま.....

簡単レシピ:アマダイの西京焼き
≫≫作り方1.下ごしらえしたアマダイの表面の水分を、クッキングペーパーでよく拭き取ります。2.白みそとみりんを合わせた「みそ床」のなか.....

牡蠣のお焼き
牡蠣とにらをいっしょにお焼き風のレシピです。 ホットプレートで子供といっしょに焼いて楽しめますよ。 子供のおやつに、お父さんのお酒のお.....

牡蠣の土手鍋
牡蠣の土手鍋は広島の郷土料理です。 牡蠣の生産日本一を誇る広島だけに、牡蠣を使った郷土料理とは、広島らしいですね。.....

アサリ
アサリはすごく身近な貝です。 貝って高級なイメージがありますが、どちらかというと庶民的なイメージの強い貝ではないでしょうか?アサリは潮汁・酒蒸し・.....

牡蠣(カキ)

貝いろいろ

食べ物

魚料理レシピ集

米・ご飯

食材トレあそび

地理トレあそび

サイトについて

牡蠣を食す!特集

リンクについて

ごはんと米の話のお役立ち情報. 育児の準備と相談のことなら. 英語学習を始めよう!のことです. 使える英語力や英会話にかんするはなし. 歯の悩みのことのページ. 体験こどもちゃれんじのことなら. 主婦・初心者へのヤフーオークション始め方のことです. 投資信託を始めようにかんするはなし. ドライブと自動車と旅行のことについて.
牡蠣(かき)ペットのための犬のしつけ

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 - 2011 カキ(牡蠣)と食べ物のページ. All rights reserved